らいちの皮

らいちの色々

お笑いライブ初体験『ウーマンラッシュアワー』

いってきました。

連れは、会社の他部署先輩(バドワイザー先輩)です。

よしもと∞ホールへ向かいましたが、
バドワイザー先輩が『タバコ吸いたい』とのことで∞ホールの前にいた若手芸人さんにタバコの吸える場所聞きました。
たしか、ちゅんころ?とかなんかそんな名前の人でした。結構イケメンでしたね。
私が、出張なければ、この人のにも行ってみたいなぁと思ったのですが、、、。

準備が整い、開場時間になりましたから、
並び、入場しました。
f:id:litchi-l0ve:20151026010420j:plain
ウーマンラッシュアワーのチケット指定席は全て売り切れていたので立ち見席で見ましたが
立ち見でも十分!楽しめました。

村本さんは
本当に好きなものだけにお金を使いたいって。
ミニマリストな考え方に近いものがあるなぁ思いました。自分が頑張って稼いだお金をしょーもないもんに使いたくないですよね確かに。
それから食べ物の話。

絶対に●●を食べると決めたら他で妥協したくないって話でした。
わかる!!!!!●●じゃなかったら、食べないってのわかる。笑

ライブは時間をおしましたが、笑いどころも多く、
バドワイザー先輩が、靴を投げることもなく無事に終わりました。

(※ライブが始まる前に『面白くなかったら、靴投げてやる!』と言っていた)

ライブ後、出待ちをしようとなり、ファンが固まってるとこで一緒に待ってみました。

ときおり、
バドワイザー先輩が出待ちファンを見て『ブ●ばっかじゃない?』と暴言をはいており、ヒヤッとしました。

自分のこと棚に上げてそんなこと言えないと思いながらも、笑ってしまう自分にいささか罪悪感を感じてました。

そうこうしながら、10分ほど待った頃
村本さんが違う出口から出たらしく、
それに気づいたファンがバタバタと追いかけていってました。

私たちはあららーって言いながらくるりときびすを返して帰路へ。


そこまでするのかぁー、、村本さんは、出待ちが嫌だから違う場所から出ただろうになぁなんて思ってたら、

バドワイザー先輩
『そりゃそうさ。あたしが本人だったら、こんなブスばっかんとこに、でたくないもん』


(* ´ิ∀´ิ *)


バドワイザー先輩、頼む、黙ってくれ。




そして、バドワイザー先輩、トイレに行きたいと言い出したので、近くのパチンコへ。

ボケでパチンコやってみようと
1円パチンコすわってたら、バドワイザー先輩がやり方教えてくれるというので、することに。

わけのわからんもんに金を使ってるなぁとぼんやり思いつつ、開始5分でパチンコに飽きたのですが当たりをひいて
なんと、400円で、2500円GET!しました。

先輩に1000円渡し完!


こうして、今日のお笑いライブ初参戦は、幕を閉じたのでした!

男を手玉にとるねん。

こんちん●♪

素敵な朝ですね。朝飯はえづいて食べれないから果物食してますライチです。

タイトルですが、
これは出張先でであったKさんに言われた言葉です。
60代後半ですが美意識の高いかたです。
気に入ってもらえて、飲みに誘われました。


恋愛の話になったときに、ふいに、
こう言われました。


Kさん『あんたがもてへんのはなぁ、物言いやねん。』
例えば、グラスを下げてもらうとしたら、あんたは
『すみません、下げて下さい』やろ?

私「うん。(’-’*)」


Kさん『ちゃうねん。「ねーぇ? このグラス、下げてくださる?(*´╰╯`๓)笑顔」っていうのが女やねんで』




私 ・・・・・えฅ(* ´ิ∀´ิ *)ฅ



それから、よくよく聞いてみたら

Kさん奔放にやって来た模様。


『男を手玉に取るねん。そんで手に入ったとおもたら、ちょっとずつ手を離していくんや。』


え、、、、、、ฅ(* ´ิ∀´ิ *)ฅ


世界が違うよ!
でも、違うから面白いよ!と思いながら話を聞いていたら、


3人ほど、Kさんに関わった男性が死んだそうです(自殺)


『知ったことやないねん。向こうが死んだだけやで。
ひどい女やろ?そのぶんしっぺ返しもきましたよ。
と、、、
旦那が殺されたときもな、、、』


と。


(´⊙ω⊙`)!!!!!!!!!!!!!!!!kill?殺?


なんと
Kさんは、『元 ●妻』でした。



f:id:litchi-l0ve:20150828093127j:plain



いやーお話すごかった。



最終的には
出張から帰る日なのに、『うちに泊まっていけ』ってまでいわれましたけど。



『あんたのこと、すきやで。あんた真っ直ぐすぎんねん。』

てことばが嬉しかったです。


裏を返せば馬鹿って話かもしれませんがね。



終。

落選したら諦めろ!SMTチケボ


きついことをいってしまいましたが。
本音です。

何とかして行きたいから、オークションやだふ屋で買う人の気がしれない。

本来
落選は『縁がなかった』ってことだから、

あんたは行かなくていいですよーって話で。

私は落選したら、諦めますよ。
どうしてもモヤモヤしたら、ちょっとだけ音漏れききにいって、30分ほどしたら帰ります←空しくなってくるため限界は30分。



なんできついことを言うかというと、SMTは、チケットボードという電子チケットを導入してるため


トラブルが非常に多い!んです。


何年か前から多い。
本当に多い。



入場できないファンが泣きわめいたり、怒号が飛び交ってたり、凄まじい。恐い。みっともない。


わめく人らは
係員も、普通に入場するファンにもちょっとした『負』の感情を抱かせます。

一瞬胸くそ悪くなります。
f:id:litchi-l0ve:20150805223151j:plain

だふ屋やら、見知らぬ第三者からチケットを譲って貰って
すんなり入れると思うこと、
『金は払ったから入れる』と思うことが傲慢だと思いますね。
入れないことも視野にいれて、
入れたら奇跡だと、ラッキーだと思ってほしい。


家族でも譲渡は難しいんです。
※分配と譲渡は違うからね。



チケボは、トラブル多いから止めて欲しい?
とかあるけど、ちゃんと守ってる人がトラブルってあるのかな?と思います。

何人かと手分けしてチケット確保しようとしたり、
Twitterで譲ってもらおうとする
そんな良いとこどりしようとするから、トラブルんだと思いますよ。


私は今回、自分では申し込みせず、友人に託しました。
そして友人から分配してもらいました。

落選したら、行かないつもりでした。(ゆのもいないしね)



これが紙チケットになったら十数万のチケットもきっと出てくるだろうし、荒稼ぎするファンも出てくると思うから、チケボでよいと思います。


今回の、チケボの
宣戦布告メールに、すっきりしました。


チケボのいう
不正な?譲渡で、参加する皆さん、どうか
入場できなくても、泣きわめいたり、一生懸命働いてるスタッフを恐喝したり、暴れたりしないで下さいますよう願います!


ヨロシクどーぞ。





行かなくなった美容室から届いた手書き便箋2枚(消印なしの

いやタイトルのまんまなんですけれども、

行かなくなって約1年たった・・・・と思う美容室からダイレクトメールが届いていました。

 

ダイレクトメールって、大概ハガキだと思っていたのですが、封筒に

ふつうの(ハガキ)と、当時担当していた美容師さんからの

手紙が入っていました。

f:id:litchi-l0ve:20150502221923j:plain

 

 

 

なんだか・・・・うん。

 

ちょっとギェって思った。

 

「しばらくご来店いただけていませんが、元気にされていますか?

ライチ様に不快な思いをさせてしまったり、ヘアの事で至らないことがあったのでは

ないかと思い、日々心配しております。」

 

「なかなか難しいかもしれませんが

ご来店いただけない理由

教えていただけないでしょうか?」

 

とも書いてありまして

またまた、ギェって思いました。

 

極め付けは。

もう一度チャンスをください」と書いてありました。

 

うーん・・・・。

別に何か不快な思いをしたとか嫌だとかは全然ないのです。

ただ、強いてあげるとするならば、

 

ちょっと自分が特別待遇されたりするのがいやで

なんとなく行きづらくなったのもあります。

(トリートメント無料でしてくれたりとか休みの日も僕いるので、

いつでも電話してください。。。とか)

 

 私はいつも

男性美容師を指名し、男性から見てかわいいスタイルにしてもらうのが好きです。

美容室は、非日常であってほしくて、ちょっとした緊張感が欲しいのです。

なので「慣れ」は非常によくない。(良いことなんだけど、私には良くない)

 

現在通っている美容室の美容師さんは、職人気質でほとんどしゃべりません。

話すことといえば「髪の毛」「髪型」「似合うスタイルなど、髪にかかわることばかり。

だから、どんな人かわかりません。ピリッとしていて、緊張感があります。

雑誌を出されるわけでもなく鏡をじーっとみて、自分が変わっていく姿を見る

の面白いです。←変態?

 

というか、私が職人タイプが好きなだけ?(爆)

 ところで、

美容師さんが見ていたら聞きたいのですけれども、

こんな風に来なくなった客に手紙を書くのって普通なのでしょうか?

 

同情しても、店にはいきませんけれど。ごめんなさい!

 追記結局その美容室へはいまだ行っていません。数日後気づいたのですが便箋がはいっていた封筒には消印がありませんでした。

 

 

親友が鬱になって

 

小中学校の頃、いじめられたり仲間外れにあった経験がある私ですが

今でも、仲よくしている友人は数人います。

 

その友人のうちの一人、Mとは、小中高校と同じで

大学から別々になったのですが、夏休みに遊んだり

時々電話をしたりして社会人になってからも連絡をとりあっていました。

付き合いは20年になります。

M子は、マイペースで、でもひとなつっこくて誰とでも友達になるような子でした。

 

そんなM子から、

LINEで、「うつ病と診断されたから、遊びの予定をキャンセルしたい。人と会うことができなくなった。直接会って話したりすることが難しくなって。でも、メールなら大丈夫だから。薬で寝てるかもしれないけれど返事はするから」

とメッセージがきました。

 

私は、受け取った際

ただただ、悲しくて、泣きました。

 

どうして、なんで?あんなマイペースなM子が?

混乱し、M子の知人ではない別の友人に相談し、

どう返事をすればいいか請いました。

 

そうして、アドバイスを参考に、M子返事をしました。

 

M子は、同じく地元を離れて、ひとり暮らしていて

仕事も頑張っていて、私にとって心強い仲間でした。

 

地元に残る人たち←同級生 は、既に25歳までには結婚しており、

子供が2,3人いたり。

進学校まで同じだった人も、大学卒業後入社して4,5年したのち結婚していたり。

(5年働いて結婚って理想的だね~っとM子と話していました)

 

同じ境遇のM子を自分の片割れのように感じていたのかもしれません。

 

一か月半後

 

夜、M子から電話が来ました。

 

とっさに出ました。

 

 

出た途端、声を聴いた途端、私の中で感情が込みあがってきて

泣いてしまいました。

(本人は「らいちちゃん何泣いてんの~」と笑ってた)

 

鬱は、深刻な病気だと思っていたので(というか深刻な病気だと思うけれども)

M子が1か月少しで立ち直ったことに驚いたけど

とにかく「良かった」という気持ちがいっぱいで涙が止まりませんでした。

 

私は結構、ドライで、友人の電話帳連絡先とかフェイスブック

さくさく消去できるのですが

(上っ面な付き合いはめんどくさい。深く長く付き合いたい派)

 

家族や恋人以外でこんなにも、自分のことのように思える相手がいたんだな・・

と思うと感慨深いものがありました。

 

 

トモダチ

トモダチ

 

 「スタートを切った君に 幸あれ」

 

この曲をきくと、思い出しますね。

 

 

地元の友達からライングループに招待されたけど


LINEの友人整理(話してない人や広告を画面から消す作業をしていた)ら、見覚えのないグループに追加されていました。

知らない名前もありますが、
すぐに、それが、何のグループか分かりました。
地元の、小学校のクラスメイトです。
私の地元は、田舎のため、一学年1クラスで、30人もいませんでした。

小学校1年から6年までメンバーは同じです。

これが、何を意味するか、、、、。


小学校の時は、外見は、、、、残念。
性格も、、、、なので
浮いていたライチ。

浮くだけならまだしも
小学6年の頃には、絵が破られたり、靴が隠されたりしました。

放課後クラスメイトのいえに遊びにいっても
居留守にされたり、例えば一緒に遊んでいても、部屋から出されて鍵を閉められたり。

色々と意地悪はされました。

遊ぶ友達がいなかったので、
本を読んだりしてました。なので、めきめきと学力も上がりました。

※外見をネタにされて、いじめられることが多かったです。
そのせいか、
今でも外見について他人から色々言われるのに過敏になります。

地元で一番の進学校に進学してからは、
いじめもありません。
いじめをするほど、皆暇でもないし、自分の好きなことに打ち込んでいたり、必死に勉強したりして精一杯なようすでした。

学力と人格は比例するのかな?と当時は、ほっとしていました。

そして
二十歳の成人式。

それぞれ、地元の中学の体育館で行うのですが、
私を見て
『綺麗になったわねぇ!』と喜んでくれた担任の先生以外他の人はよそよそしかったです。

整形したんじゃない?

とまで、ヒソヒソ言われました。
私が『変わった』ことは、しゃくだったのかもしれません。

ある男性から聞いたのですが
『同窓会で、昔ブスだったひとが綺麗になってると、なんかムカツク』らしいです。


成人式のあとの、同窓会にも一応参加しましたが、
対応は昔のまま、無視かな?とおもっていたけれど、
普通でした。
まぁまあ、楽しく飲めたかな?と思い、飲み屋を出て帰ることに。

女の子の一人が親に迎えを呼んでいました。
車は5人のりです。

私たちは5人います。
だから、一人乗れません。



私は、

夜のシャッター街に、一人置いていかれました。
『らいちちゃんはどうするの?』誰も聞いてくれませんでした。
『タクシーでわりかんして帰ろう!』
誰も言いませんでした。

少し田舎の街を歩いたあと、タクシーに乗り、
帰宅しました。

『どうやったー?』と明るい母の問いに
『うんー皆変わってなかったよー!』と言ってすぐ、
風呂入って寝ましたね。


なんだか書いていて涙が出そうなんですが。笑


で、そんなこんながあったのに、
何事もなくLINEで繋がっちゃうのがまた面倒なことになりました。

勿論、我が子の写真をアイコンにしてるこもいますし。
本当、精神的に、『げっ』です。

タイミングを見て、退出しようと思います。

バーテンダー37歳その後

地元のbarに通っていたときに、
バーテンダーから、ハート型に描かれたカクテルを貰ったり、(頼んでない)

伝票にハートがかかれていたりしたことがありました。

その、やり方?手口が非常に嫌で気持ちが悪かったです。
見て見ぬふりをしました。

心理テストとか、他の客と話していたら、
『ライチさんは⚫⚫ですね』って私の結果を先に調べてたりもしました(頼んでない)。


ここまでなら、まだ許せますが、
barに二時間ほど滞在し、東方神起が主題歌のドラマを見るために帰っただけでFacebookのメッセージに
『今日はいつもよりはやくのおかえりでしたね。なにか、失礼がありましたでしょうか?』
と、、、、。


zozozっと。
なんとなく野生の勘というか、そうゆうのが反応して
「もう、これ以上このBarに行くのはやめよう」と
思ったのでした。


フェイスブックでつながっていたままにしたのがわるかったかもしれませんが
後日・・・・

体調が悪いとのことを、何気なく日記?に書いていたら
「大丈夫ですか?何か温かいものでももっていきましょうか?」とのメッセージが。


優しい人なのかもしれませんが
無理でした。

だって私、客のひとりだし。

街コン東京ドームに参戦してきた話①(最近の話)

※今まで書いているOmiai話は二年前とかの話なのですが新たなネタがはいりましたので記録として書きます&今はちゃんと好きな人がいます。

 

 

つい最近、水道橋の東京ドームで行われた街コンに参加してきました。

f:id:litchi-l0ve:20150119224121j:plain

 

 

街コンってどんなもんだろう?と興味は持っていたので知り合いを誘って2人で。

15日の夜7時から9時までの二時間。ふるさと祭りが街コン参加者の貸切になるということでした。

 

プログラム

19:00ースタート

20:00ー特別協賛銀座ダイアモンドライシPRタイム

21:00ープレゼント抽選会

21:00ー終了

21:30ー会場クローズ

 

チケットを係員に渡した後は、

案内されるでもなく、広い東京ドームの中に入りました。

 

その際ちょうど

どぶろっくが「もしかしてだけど~~♪」って歌ってましたけど

 

私も会場に入ったときから「もしかしてだけど~これ参加費ぼったくられてるだけじゃないの~♪」

とはやくも感づきまして、もうこれは、なんとしても楽しまなきゃなと思ったんです。

 

会場内は激混みでした。

すれ違うのも一苦労です。朝の新宿駅くらい混んでました。

まさに一期一会。

(ていうか見てたら頭痛くなるので人なんて見てない)

 

一緒に参加した知人が「なんか品定めされてるみたい・・・」とぼそりとつぶやいてましたけど。

きっと男性からの視線を感じてたのだと思います。

 

会場内を歩き回っているうちにいろんな人の会話が耳に飛び込んできます。

 

「やっぱ、クラブとは、女ちげぇな!!」

「君いいな~と思ってたんだけど。どっからきたのぉ~?」

「あたしらさ、食に走ってね?何しに来たんだって話だよね!ぎゃははっはあ!」

「ほら、お前いけよ」

などなどなど。

 

※年齢制限があったようで上は40歳までだったらしいです。

 

私と知人がマッチングひろばで、ねぷたのほうをみていたら

あきらかに年齢制限越してるだろっていう男性が近づいてきました。しかもお酒を結構飲んでいるらしく顔を赤くして。

 

私は瞬時に彼の心?の声というか彼がとびこんできて

「飲んでないと勇気がなくて話しかけれない。」というのがわかって、なんだか同情してしまいました。

 

職業柄か、相手をむげにはできない(話を聞いてしまう)

ので相槌をうっていたのですが、隣にいたはずの知人が耐えられなかったのか

どんどん後退し、男性は前進してきて、私と対面になり。

もう少しで

 

ちゅうするかとおもいました。

f:id:litchi-l0ve:20150101221551j:plain

 

不動産会社の方らしく羽振りはよさそうでしたが。なんだかせつなかったです。

 

しばらくすると、

男性二人組が話しかけてきました。いろいろかるそうだったので、めんどくさいので「ホモが好きで」と腐女子になりすましたら、一方の男性はあからさまにドンビキで

足がそっぽをむきはじめ(下半身に本音が現れるというのは本当だった!)

もう一人は腐ってるほうですか~とちゃらけていましたけど。去っていきました。

 

腐女子を踏み絵に使って申し訳なかったです。胸が痛みました。

 

正直に

東方神起が好きで、全国ツアーまわってます」

f:id:litchi-l0ve:20150101213353j:plain

って言えばよかったです。

 

 最後まで私らは誰ともマッチングせずに会場をぐるりと歩き外に出ました。

会場の外に出る前に数名の男性たちが

マッチングせずに出ていく女性を品定めしているようでした。

 

街コンは

てっとり早く っていう感じでした。

 

狩るか狩られるか、戦い放棄して傍観するか。

何かを悟ったように会場を見渡している人々も多かったし

戦いを放棄して酒や食にはしる人々も多くみられたし。

 

 

純粋な人、真面目な人、朴訥な人、すれてない人が街コンいくと心がチクッとするかも。

 

イベントの協賛はジュエリーとかウエディング会社でした。

ここで結ばれるカップルが結婚までいきつく確率は高くないのでは?


それに、、実際ほとんど捨てられてて持ち帰る人いなかったしね。パンフレット。

すさんだ状況でしたよ。

飲み友達を作るノリで参加した方が良いと思いました。

 

 

おしまい。