らいちの皮

らいちの色々

漫才を超える漫才


この時期の恵比寿にひとりぼっちは結構寂しい!
f:id:litchi-l0ve:20161118192548j:plain

開場時間まで銅像のように静かに待ち、客席へ。

ステージにはマイクが1つ。
見た瞬間なぜかわからないけど、涙が出そうになりました。
何が私の涙腺を刺激したのかはわかりません。


開演。


正直にかくと
始まってすぐ面白かったんだけど
そのあと15分くらい、前と同じネタ?みたいな聴いたことあるような話で、

ぼーっとしてしまいました。(^_^;)

両サイド席の婦人は船をこぎ出す始末。←うとうとして、頭がガクッとなってそっちに気を取られた汗

私も、村本さんの
捲し立てる台詞、取りこぼしがないようにって集中して聞くのがちょっとしんどかったです。

実は、漫才ライブを見るのは今回初めて。
だから、単に渋谷のトークライブと違った雰囲気に慣れなかっただけかも笑

後半はネタ的には結構茶の間🆖が多い印象でしたが
面白かったです。

沢山笑いました。

帰り際にお客さんがロビーにて
アンケート一生懸命書いてたのは印象深かったです。
あぁ、ウーマンラッシュアワーは、こんなに愛されてるんだなぁって。

たまにリプがきますが
※らいちの皮アンチじゃないです。

4月24日渋谷ウーマンラッシュアワートークライブ行ったよ

日曜日。
休日の繁華街には似つかわしくない格好で一人、
センター街をうろつく私。


前日にこんな会話をしながらも、
午前中の研修があったので、パンツ一丁は諦めました。
スーツスタイルで参戦。

ライブ開始。

二ヶ月ぶりにみる村本さんは、お腹がぷよぷよしていて
顔は鼻の頭が日焼けして赤くなっており、酔っぱらいみたいでしたが、安定の愛くるしさでした。

しかし!
村本さんも言ってましたが、
二ヶ月ぶり渋谷∞ホールの客層は、若干変化しつつあるなと思いました。
これが意外でした。

年齢層高いというか、独特というか。
ミーハー感がウスレタ感。
若い女性減ってる❔

この2ヶ月いったい何があったんだろうか。不思議です。


帰りは、


らいちの皮に珍しく、一人で←
出待ちしてみました。




私は
遠くから眺めていました!


終わり。

好き勝手言う他人「なんでなの?」

相手によって自分の評価が変わる。個人のフイルターを通してるからそれは当たり前なこと。

しかしながら、それに一喜一憂する自分が情けなくて嫌いになりそうになってた今日この頃でした。(それもブログ止まってた理由のひとつでもある)

大まかな理由は仕事に忙殺されていたってだけですけどね。

 

私の心を吐露するとね…今の現状ですよ。

恋愛についての会話が最近結構多いんですけれども、

知り合いから「何人かと軽く友達付き合いしといて、その中でらいちちゃんを好きになってもらうように努力するんだよ」ってアドバイスされるんですけどね。

テクニックで好かれる努力しろってこと・・・?え?友達から好きになるって?え・・・?ってなってます。

 

自然に自分がかわいくいられる相手なら別にテクニックとかいらなくないですか?

私も、ある人の前だと結構素だし、わがままだし、ノー天気でいられれますし、悩むことないですけど、その人会社の上司でお父さんくらいの人(既婚者)なので。笑

 

無神経な男性が

「なんでだろうな~顔もスタイルも性格だって悪くないのにな。お前。なんで?」って言ってくるのですけれども。

 

「性格わるいから結婚できない」とか「ブ○だから結婚できない」とか。

それ自体が偏見に満ちた「オカシイモノ」なのに、それ基準に当てはめて色々言ってくるから困ります。

 

性格が悪いから結婚できないなら、結婚した人はみんな性格いいんか!?

と思いませんか。

 

私は、その「オカシイモノ」事態に対して腹を立てているし、

それが「オカシイモノ」だって気づかずに、他人にアドバイスしてくる人間が大嫌いなんだ~~!ばかちん~!

 

 

という心の叫び。

 

明日になったら変わってるかもしれませんけどね


f:id:litchi-l0ve:20151114001955j:plain

12月19日母性本能強いか解らんけど常に47度のシャワー浴びるアラサーの村本トークライブ記録

12月19日夜。私は埼京線に乗っていました。

埼京線って痴漢が多い線っていうけどなんでやろうなぁ」という考えても解らないことぼんやりしてたら大宮到着。

 

初めての大宮。
ラクーンを探す。地図はばっちり用意してある!よし!!

 

・・・あれ?  RAKUEN(楽園)はあるけど、ラクーンってどこ!?


ラクーンってビルは見えているのに、入り口はパチンコ屋です。まさかの迷い人になってしまったわけです。

 

そこで、困ったときのツイッター。
迷ったことをつぶやいたら、親切なフォロワーさんが、教えてくれて無事に会場前までたどり着くことができました。

 

ロビーには、女性ファンがあふれています。一人で来てる人いたっけな?皆2、3人で固まってました。
男女で来てる方も。子連れは…見当たりませんでした。うむ(察・・・


開場時間が少し押していましたが、客席に入るとびっくり!なにこれ!大学の講義室より近い!


私は、D列ということで4列目だったのですが、ちょうど真ん中でした。
目の前が男性でしたが、幸い、私の右隣の席が(空席!)だったので
首をのばしてちゃんと見れました。


さて、トークの内容ですが、
今までの集大成というような形で、数あるネタというネタを準備してきてました。
ホワイトボードに書かれたネタは軽く50程あったような?


「AAA」のサインのネタは痛快!

今回はいつもよりさらにスピード感あったからか楽しい時間はすぐに過ぎてしまって、終わりの時間もやっぱり押しました。


いつものように、「もう一個もう一個」

って、ネタを披露しようとする村本さんに、胸熱でした。


鎖骨あたりを真っ赤にして
一生懸命で本当かっこよかった。


活力をもらったので、速攻帰りました。

れぽ終わり!!!

 

f:id:litchi-l0ve:20151228121400j:plain

1月は17日の渋谷に参戦。
今回は端っこの席~♪ それまで体調管理。

 

 

 

12月1日渋谷∞ホール

昨日はウーマンラッシュアワーのトークライブにいってきました。

渋谷∞ホールで毎月やってるやつです。


今日のは、、、、、
すみません、消化不良でした。もやもやしました。

それは、
前日にラジオを聴いたからかもしれません。
朝は四時に起床し、仕事をしたせいかもしれません。
疲れたせいかもしれません。

ライブ中、、、
あくびが2回もでましたし眠くなりました。

↑こんなのはじめて。


しかも会場の空気が乾燥してるせいか、コンタクトレンズはかなりごろごしだして、




( ˙-˙ )





(´・_・`)



昨夜のラジオが面白かったのかなぁ。
ラジオ内容のほうが頭に残っています。
しかしながら、ちょっと寝て、


なぜ、面白くなかったかはわかりました。



オブラートに包みすぎたような?
嘘が多すぎた感じがありました。


やっぱ、なんか変でした。

ウーマンラッシュアワー村本さんあべのハルカスすっごいライブ

村本さんのライブへ行ってきました。一人参戦です。

昨日まで名古屋に出張だったので、それを利用して
大阪へ。

初めてのハルカス、初めての近鉄アート館。
初めての座席←

私は、なんと!!!

f:id:litchi-l0ve:20151118223454j:plain

ここの座席でした。
近くて、えづきそうになりましたよ。

村本さんが舞台にでてきた際には心臓がドコドコなりして、口から出るんじゃないかと思って
ずっと、手で顔半分覆ってました。(周りのお姉さん方は結構冷静でした)

ネタの1割はラジオとかぶっていたけれども、新鮮なネタも沢山入っていて面白かったです。
中でも興味深かったのが

「いつもの選択をちょっと変えてみると、何か新しい人生の扉が開く」


の話。

村本さんが当初乗る予定だった新幹線を1本遅らせたら、ちょうど、EXILEとJ sou; brothersと同じ
車両になったとか。こちらはオチがよかったです。
私も、いつもと同じ行動を変えてみようって思いました。

そして
「人生は一度きりですよ。夢を見たっていいじゃないですか」

「ロケットに乗りたい」


をつなげる話も素晴らしかったです。
ネタばれすると、私たちファンのことは「自転車」呼ばわりしてました。(もう大体わかるでしょう?)

でもね、村本さんがナンパした話とか可愛い子が好きだとかいう話を聞くときって、私は個人的に胸がちょっとチクッてするんですよね。いとこの兄ちゃんの恋愛話って聞きたくないじゃないじゃないですか?(感覚的にね)
そんなかんじ。

村本さんが
「僕は、僕のことを好きだっていう女の子としか付きあったことないんですよ。
僕のことを好きじゃない子を振り向かせる術がない」

って言ったのを聞いて、あ~って思ったと、同時に
お互いが同じくらい徐々に好きになりあえる相手と出会えますようにって思った。


ライブで、ぐっときた瞬間があったんですけども!!!!
、終盤に差し掛かって、終わりの時間すぎてるのにもかかわらず、
あと一個!あと一個!って村本さんが、手帳?を見て話そうとしたんですよね。

笑いながらも、じーんときました。
仕事、本当に真剣勝負なんだなって。
情熱的に取り組んでらっしゃるんだなって。

最後、お辞儀してはけていったのを拍手で見送り終わりました。

終わった後も私は口角があがってて、幸せな気分でした。


アンケート用紙に詳しくは書けなかったから
ブログに書き連ねてみました。


村本さん!!!!!!!笑いをありがとうございました~~!!!!!!!!!!!!

お笑いライブ初体験『ウーマンラッシュアワー』

いってきました。

連れは、会社の他部署先輩(バドワイザー先輩)です。
バドワイザー姿が似合いそうな長身美女のためそう呼ぶ

よしもと∞ホールへ向かいましたが、
バドワイザー先輩が『タバコ吸いたい』とのことで∞ホールの前にいた若手芸人さんにタバコの吸える場所聞きました。
一服後、
開場時間と同時に客席へ。
f:id:litchi-l0ve:20151026010420j:plain
席と言っても、指定席は全て売り切れていたので立ち見です。
しかしながら
立ち見でも十分!楽しめました。

村本さんは
本当に好きなものだけにお金を使いたいって。
ミニマリストな考え方に近いものがあるなぁ思いました。自分が頑張って稼いだお金をしょーもないもんに使いたくないですよね確かに。
それから●●を食べると決めたら他で妥協しない話。
わかる!!!!!●●じゃなかったら、食べないってのわかる。笑

結局ライブは
バドワイザー先輩が、靴を投げることもなく無事に終わりました。

(※ライブが始まる前に『面白くなかったら、靴投げてやる!』と言っていた)

その後、せっかくだから出待ちをしてみようとなり、ファンが固まってるとこで一緒に待ってみました。

ときおり、
バドワイザー先輩が出待ちファンを見て『ブ●ばっかじゃない?』と暴言をはいており、ヒヤッとしました。

自分のこと棚に上げてそんなこと言えないと思いながらも愛想笑いで誤魔化しましたが

そうこうしながら、10分ほど待った頃
村本さんが違う出口から出たらしく、
それに気づいたファンがバタバタと追いかけていってました。

私たちはあららーって言いながらくるりときびすを返して帰路へ。


そこまでするのかぁー、、村本さんは、出待ちが嫌だから違う場所から出ただろうになぁなんて思ってたら、

バドワイザー先輩
『そりゃそうさ。あたしが本人だったら、こんなブスばっかんとこに、でたくないもん』


(* ´ิ∀´ิ *)


バドワイザー先輩、頼む、黙ってくれ。





こうして、今日のお笑いライブ初参戦は、幕を閉じたのでした!

親友が鬱になって

 

小中学校の頃、いじめられたり仲間外れにあった経験がある私ですが

今でも、仲よくしている友人は数人います。

 

その友人のうちの一人、Mとは、小中高校と同じで

大学から別々になったのですが、夏休みに遊んだり

時々電話をしたりして社会人になってからも連絡をとりあっていました。

付き合いは20年になります。

M子は、マイペースで、でもひとなつっこくて誰とでも友達になるような子でした。

 

そんなM子から、

LINEで、「うつ病と診断されたから、遊びの予定をキャンセルしたい。人と会うことができなくなった。直接会って話したりすることが難しくなって。でも、メールなら大丈夫だから。薬で寝てるかもしれないけれど返事はするから」

とメッセージがきました。

 

私は、受け取った際

ただただ、悲しくて、泣きました。

 

どうして、なんで?あんなマイペースなM子が?

混乱し、M子の知人ではない別の友人に相談し、

どう返事をすればいいか請いました。

 

そうして、アドバイスを参考に、M子返事をしました。

 

M子は、同じく地元を離れて、ひとり暮らしていて

仕事も頑張っていて、私にとって心強い仲間でした。

 

地元に残る人たち←同級生 は、既に25歳までには結婚しており、

子供が2,3人いたり。

進学校まで同じだった人も、大学卒業後入社して4,5年したのち結婚していたり。

(5年働いて結婚って理想的だね~っとM子と話していました)

 

同じ境遇のM子を自分の片割れのように感じていたのかもしれません。

 

一か月半後

 

夜、M子から電話が来ました。

 

とっさに出ました。

 

 

出た途端、声を聴いた途端、私の中で感情が込みあがってきて

泣いてしまいました。

(本人は「らいちちゃん何泣いてんの~」と笑ってた)

 

鬱は、深刻な病気だと思っていたので(というか深刻な病気だと思うけれども)

M子が1か月少しで立ち直ったことに驚いたけど

とにかく「良かった」という気持ちがいっぱいで涙が止まりませんでした。

 

私は結構、ドライで、友人の電話帳連絡先とかフェイスブック

さくさく消去できるのですが

(上っ面な付き合いはめんどくさい。深く長く付き合いたい派)

 

家族や恋人以外でこんなにも、自分のことのように思える相手がいたんだな・・

と思うと感慨深いものがありました。

 

 

トモダチ

トモダチ

 

 「スタートを切った君に 幸あれ」

 

この曲をきくと、思い出しますね。